株式会社セル セルコーヒーフーズは富山県石川県の業務用食品卸売業です。富山県からお客様満足度ナンバーワンに取り組んでおります。コーヒー、業務用食材のことはセルコーヒーフーズにお任せ!

株式会社セル セルコーヒーフーズ

富山本社 〒939-8213 富山県富山市黒瀬396
金沢支店 〒920-0848 石川県金沢市京町30番39号
長野支店 〒382-0017 長野県須坂市大字日滝2247-1株式会社大福食品工業内
セルコーヒーフーズへのお問い合わせはこちらから

新着・取り扱い商品情報

HOME > 新着・取り扱い商品情報 > 「国宝」を食べたことがありますか?100%プレミアムソーセージマンガリッツァデブレツェンのご紹介

「国宝」を食べたことがありますか?100%プレミアムソーセージマンガリッツァデブレツェンのご紹介

2015.02.10 更新
201501_md1.jpg


中央・東ヨーロッパにおける「トップ5ソーセージ」のひとつとも言われるデブレツェン・ソーセージは、
ユニークで希少なマンガリッツァポークを使用し、代々受け継がれてきた製法で創り上げたのがこのプレミアムソーセージ。ハンガリー伝統のデブレツェンソーセージを洗練されたデリケートな味わいに仕上げました。

ナチュラルケーシングに入った、軽くスモークしたジューシーな100%ポークのソーセージは、コショウやマジョラムなど、ハンガリー料理によく使われるスパイスで味つけされています。お肉とスパイスのバランスがきわめてよく、グリルしてもフライパンで焼いても、またボイルや電子レンジでの調理でもおいしく召し上がれます。ビール、ワインのほか日本酒とも相性が良いソーセージです。味は、プレーン、ガーリック、ホット&スパイシーの三種類をご用意しております。

なぜ「国宝」なのか?

それは、今や日本でもご存じの方が大勢いらっしゃるかともおもいますが、全身がくるくるとした巻き毛で覆われたこのハンガリー原産のマンガリッツァ豚は、2004年にハンガリーの国会によって『国宝』に認定されました。ピック社によって2009年に日本にも紹介されて以来『食べられる国宝』としてテレビ、雑誌、新聞など、さまざまなメディアにとりあげられていますし、東京のリッツカールトンホテル、カリフォルニアの「フレンチランドリー」、ニューヨークの「パーセ」、シンガポールの「レザミ」、香港のシャングリラ・ホテル、ブダペストの「オニキス」でも、マンガリッツァの肉料理が提供されております。

そんなお肉を使った100%プレミアムソーセージマンガリッツァデブレツェン、
是非あなたのお店でもメニューの一つに加えてみませんか。
また、弊社併設のカフェでも販売致しておりますので詳しくは
スタッフまでお申し付けください。

side_cremia.jpg

株式会社セル セルコーヒーフーズ

富山本社 〒939-8213 富山県富山市黒瀬396

金沢支店 〒920-0848 石川県金沢市京町30番39号

長野支店 〒382-0017 長野県須坂市大字日滝2247-1株式会社大福食品工業内

セルコーヒーフーズへのお問い合わせはこちらから
ホーム
コンセプト
新着・取り扱い商品情報
初めての方・お取り引き方法
ご注文・配送について
会社概要
サイトポリシー
各種お問い合わせ